人間関係 を 史上最高 に 良好にする方法

女性が書いてるブログ

人間関係での悩みって、本当に尽きないですよね。

また、年齢や立場関係なく、「一生付いてくる悩み」とも言えます。

ここでは、「何をしても人間関係がうまくいかなかった」人向けに、「良好な人間関係を良好にする方法やコツ」をご紹介します!

「人間関係」の「しくみ」を知る

クロック, 運動, 歯車, ギア, 伝送, 車輪, お互いに, ダイナミクス

まず、「人間関係」には簡単な「仕組み」で出来上がっています。

知り合う→価値観を探る→一緒にいて楽しいか落ち着くか→信頼感→好きor嫌い
おそらく、だいたいの人がこのような方程式で、人間関係を無意識に構成しています。
最終的には、「気が合うかどうか」ですよね。
人間関係を良い方向で作り上げることが苦手な人は、だいたい「価値観を探る」ことが苦手なのではないかなと思います。
相手のことを知るためには、「相手の話を聞く」ことから始まります。
また、相手になるべく本音でお話してもらうためには、「自分も情報を開示」する必要があります。
ですが、苦手な人は、相手のボールを受け取るだけ。
自分からはボールを投げません。
そのため、相手も、躊躇して、最後までお互いに信頼感を置く。というところまで行かずに、終わるんです。
でも、しっかりと段階を踏んで、勇気を出して行動すれば、人間関係はどうにでも変えていけます。

 

あなたの人間関係がうまくいかない理由

人間関係の仕組みを知った上で、お話します。

あなたの人間関係がうまくいかない理由はおそらくたくさんあって、自分でも分からないこともたくさんあるはずです。

ここでは、「一般的に」共通している原因を何個かご紹介します。

自分自身にぜひ、あてはめてお考えください!

会話がそもそも好きじゃない
人, ホームレス, いじめ, 非表示, だけで, 悲しみ, 男性, 絶望
人間関係がうまくいかない=コミュニケーションをとることが嫌い。
ということが、一般的に共通しています。
上記でも話したように、「会話のキャッチボール」ができないと、相手の心も汲み取れず、また、相手もこちらの気持ちが汲み取れません。
よって、「お互いの気持ちにすれ違い」が起こり、相手のことがわからないので、自分本位で行動するしかなくなり人間関係がうまくいかないのです。
確かに、誰かと会話することは、疲れるだろうし、エネルギーも使います。
ですが、良好な人間関係を築くことは、後々「自分を助けてくれる」ことにもなります。
世の中、誰にも頼らずに一匹狼で生きていくことは無理なので、ぜひ頑張って「聞き上手」「話上手」「褒め上手」になってみてください。
この3点をマスターするだけでだいぶ変わります。
あいずちを大げさにするだけで、話し上手じゃなくても、目を見て話を聞くだけでも相手への印象は良くなりますので、ぜひ試してくださいね。
シャイで引っ込み思案
小さい子供で、恥ずかしがり屋さんに多いのが「引っ込み思案」。
大人でも当然いますが、とってもこれ、損してます。
引っ込み思案の原因は、基本的に「自分に自信がない」ことから、人に合うことも自信がない。どんな評価されるのか考えるだけでも怖くて目立ちたくない。
そんな考えから、自分から行動することができないのです。
大体の人は、「自分に自信をつけること」で、引っ込み思案や暗い性格は直りますので、まずは自分に自信を付けてください。
経験上、他人と比べてもなんにも意味がありませんし、誰も何もくれません笑
自分で自分を高めて、「自分を育てる」しかないのです。
警戒心が強すぎる
目, 時計, 紙, 参照してください, アイリス, ビュー, 警戒, 穴
まず。コミュ障でも、なんでも。一番の原因はなんだかんだこれかもしれません。
人って不思議な生き物で、「この人に警戒されている」っていうのは、言われなくても分かってしまうものなんです。
そこで、他人に、「近寄りがたい」雰囲気をバンバン出してしまって、気が付いたら「周りに誰もいなくなっていた」という人は私の周辺にもいます。
防犯とか、そういった「危機管理」としての警戒心は大事ですが、人間関係では全く必要ありません。
むしろ「邪魔になっている」ので、一旦、警戒すること、他人に対して深読みすることはやめてください。
友人関係や。仕事場での人間関係に慎重すぎるため、警戒心が強い人はおそらく「誰とも仲良くできません」

人間関係を良くするたった3選のコツ

人, 女の子, 女性, 学生, お友達と, 話, 会議, 研究, グループ

 

ストレス社会の世の中ですから、そんなみなさまに少しでもお力になれたらと思い、今回は主に、「仕事・友人」を前提としてご紹介しますね。

たった3つの最低限のコツを試すことで、少しずつ周りも変わっていくはずなので、よかったらお試しください。

1、「挨拶」をしっかりする
どこの世界でも挨拶は必須です。それはどんな職業でもです。
まず、挨拶の声が小さい人って、単純に「この人やる気あるのかな」って一番に思われてしまう原因だと思うんですよね。
嫌いであり、苦手な上司であったとしても、挨拶はしっかりと「相手に聞こえる声で」するべきです。
出社する際に「イヤホンをしながら会社に入る」のももう私から見たら信じられません笑
イヤホンをしながら、相手に挨拶をする(しかも声小さい)なんて、もってのほかで、「そりゃ人間関係良くならないわ」と思わざる得ないです。
「もっと良くしたい」
相手を変えさせるのではなく、自分から少しずつ変えていきましょう。
2、聞き手に回る
彫刻, ブロンズ, に聞く, 聞く, 耳を傾ける, パ, 数字, 男性, アート
実は、「話し上手」なるよりも、「聞き上手」のほうが簡単になれるんです。
逆の立場になって考えてみてください。
「自分の話を一生懸命に聞いている」そんな姿を見たら、嬉しくなりますよね。
それが、しっかりと理解されていなかったとしても、「聞いている」という姿勢だけでも人間は嬉しくなります。
「コミュニケーション」と聞くと、難しく考えられがちですが、「話を聞く」だけでも立派なコミュニケーションです。
まずは、しっかりと目を見て。相手の話を聞いてみてください。
何かが必ず、変わるはずですよ。
3、経験談を話してみる
オフィス, フィードバック, アイデアの交換, ビジネス, 会議, ディベート
別の言い方で言うと、「自己開示」ともいいますよね。
自分の、経験談、欲を言えば「失敗談」を話すことで、相手からの共感も得やすく、シンプルに「仲良くなりやすい」です。
良くも悪くも、「経験は財産になる」という言葉は、こういうところにも、経験って活かされるからだと思います。
勇気を出して、自分の失敗談、逆に成功した例。話してみてください。
もしかしたら相手も、同じ体験をしていて、「同じ経験をした人しか分からない」こともあるかもしれませんよ。

まとめ

人, 女性, 話, 笑う, 幸せ, お友達と, カジュアル, アウトドア, 人

人間関係は、幼稚園くらいから、始まりますよね。

子供の頃は、素直な心で動いていたから。大きなトラブルや、「話す人がいない」なんてことは少ないですが、大人になって「邪念」が増えることで、うまくいかなくなることもあります。

まずは、心を開いて「素直」になってみてはいかがでしょうか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました