ムーヴ タント リヤブレーキ シュー 交換 よくわかる写真解説

自動車解説

ダイハツ軽自動車全般、ムーヴ、タント、の

リヤブレーキシューの交換を写真解説いたします。

リーディングシュー交換

交換する部品ですが、

今回はリヤブレーキシューの前側にあたるリーディングシューの交換となります。

少しめんどくさいですが意欲のある方は是非チャレンジしてみてください。

倍力効果により前側のブレーキシューは前進方向に対して後ろ側のトレーディングシューの

数倍早く摩耗する関係です。

逆に考えると後ろ側のトレーディングシューはほとんど減りません。

こちらが新品のリーデングシューです。

 

 

 

 

 

 

それではさっそくブレーキシューを始めます。

まず最初にリーディングシュー側の上下のバネを外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキシューを止めてるワッシャーを押し込んで回して外します。

 

 

 

 

 

これでブレーキシューが外れます。

 

 

 

 

 

バックプレートのブレーキシューが当たる摺動部に

熱に強いブレーキ専用グリスを塗ります。

普通のグリスでは高熱によりグリスが流れ落ちてしまう関係です。

 

 

 

 

 

 

 

部品の移植

古いブレーキシューには自動調整の部品が二つあるので

マイナスドライバーなどでクリップを開かせて外します。

これが意外とめんどくさい作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古いブレーキシューから外した二つの部品を同じように

新しいブレーキシューに移植して取り付けます・

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

少しコツが要りますが、隙間の関係を良く見ながら

こんな感じで取り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

うまく収まったら、

マイナスドライバーなどを使って、自動調整の部品どうしを噛み合わせてやります。

 

 

 

 

 

 

少しでも噛み合えば、そのまま元どおりに組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

止めのワッシャーや上下のバネなどを元どおりに組んだら

自動調整の部品の噛み合わせに隙間を作り

いちばんブレーキシューが引っ込んだ状態にしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れがあるならブレーキクリーナーなどでキレイにして

完成となります。

 

 

 

 

 

 

 

最後の注意点

全部完成して組みあがったらブレーキドラムを取り付けて

ブレーキペダルを数回踏んでブレーキの自動調整を行います。

これで全てが完了となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

作業内容は人それぞれ、やり方が異なりますのでご理解ください。

作業は危険をともないますので全て自己責任の元、十分注意して行って

ください。

タイトルとURLをコピーしました