ハイエース ホイールベアリング ハブベアリング交換 写真解説

自動車解説

現車詳細

トヨタ ハイエース KDH200 平成19年03月

走行22万Km

 

 

 

 

 

 

 

走行時ゴロゴロ異音

22万キロの走行距離の影響か

走り出すとスピードに比例して

ゴ―ゴー、ゴロゴロ、と

車体に伝わるような耳障りな異音が

だんだん日を追うごとに酷くなったので

フロントをジャッキアップして車輪を手で空転させたところ

左側は静かにスムーズに回転しましたが

右側は明らかなゴロゴロ音が感じられたので

ホイールベアリング交換を実施してみました。

その時の模様を写真と共にお伝え致します。

交換部品

余分な部品もありますが

交換部品は上の4点です。

異音の原因となってるフロントホイールベアリング

 

ベアリングロックナット

スキッドコントロールローター

これは使いまわし出来るので交換の必要はありません。

抜くのが固いベアリング

フロントアクスルハブ

こちらの部品も本来ならベアリングを抜き取って

再使用できる部品ですが

高機能なプーラーや工具が揃ってないと

ハブとベアリングが非常に固く

はまってるので

抜くのが大変なので

抜き取る手間と時間とリスクを考慮して

今回はベアリングの抜き取り作業はせずに

新しい部品を用意しました。

まず初めにブレーキキャリパーを取り外します。

上に持ち上げて

ブレーキホースなどは外さずに

真横にスライドさせてキャリパーを外します。

ブレーキパッドも外します。

するとこんな感じです。

キャリパーサポートを外すために

裏側にある上下2本の17mmのボルトを緩め抜き取ります。

こんなふうにキャリパーサポートが外れます。

ハブの取り外し

 

裏側にある17mmのボルト4本緩めて抜き取ります。

ボルトを取ると

ハブがそっくり外れます。

バックプレートも一緒に外れてくるので

やわらかいので変形させないように

保管しておきます。

ディスクブレーキローターの脱着

 

14mmのボルトを数本緩めブレーキローターを外します。


ベアリングの挿入

新しいハブに新しいベアリングを圧入します。

ハブの部品代はかかりますが

ベアリングの抜き取り作業がないので

精神的にも楽です。

古い方のハブを手で回すと

ゴロゴロと違和感があります。

ハブはこれ以上外さないので部品は

もう使いません。

ハブの取り付け

新しいハブを組付けていきます。

重要な部分なので緩まないよう強く締めます。

正式には規定トルクでトルクレンチを使って締めてください。

ブレーキの組付け

 

ブレーキキャリパーやブレーキパッドなどを

元どうりに組付け

締め忘れや組付け具合などの確認を何度も意識しながら

最終点検をします。

完成

これで組付けは終了です。

走行点検しましたが

とても静かになりました。

タイトルとURLをコピーしました