悩んでいる夫婦必見!!結婚をしても子供を産まない場合のメリットとデメリット

スポンサーリンク
女性が書いてるブログ
スポンサーリンク

こんにちは。私は、3歳の子供を持つ1児の母です。
当時、彼と婚約をしてからタイミング良く子供を授かることが出来ました。
しかし、私は元々生理不順で婦人科に掛かっていたので、もしかしたら子供は出来ないかもしれないと思っていたこともあります。
どうしても子供が欲しかったわけではなかったので、出来なかったら出来なかったで夫婦2人で生きていく道も考えていました。

中には、最初から子供を産まない選択をしている夫婦もいるのではないでしょうか??
最近は、DINKsと言って共働きの子供を持たない夫婦が増えていると言います。

DINKsとは、Double Income(共働き)No Kids(子供を持たない)の頭文字を並べて出来た言葉

DINKsが増えているとはいえ、世間の目や親からのプレッシャーを感じている人もいるでしょう。
しかし、子供を産むかどうかは夫婦2人の問題です。
2人が決めた生き方を、周りの目を気にして変えたくはありませんよね?

今回は、結婚をしても子供を産まない場合のメリットとデメリットについてお話します。

お2人が自信を持って子供を産まないという選択ができるように。
また、これからの人生で後悔しないように。
ぜひ、この記事を最後まで読んで頂きたいです。

スポンサーリンク

結婚をしても子供を産まない場合のメリット

まずは、子供を産まない場合のメリットからご紹介します。
結婚したからといって必ず子供を産まなければいけないわけではありません。
子供を産まないことでメリットがある場合もあります。
しっかりとメリットデメリットを理解して、子供を産むか産まないかを考えて頂きたいです。

お金に余裕が出来る

子供が成人するまでにかかるお金は教育費と養育費を合わせると2,000万円程と言われています。
子供を産まなければ、その分のお金を自分達で使うことが出来るので余裕のある生活が出来るでしょう。
夫婦で旅行をしたり、ペットを飼ったりして、子供以外のことにお金を使えるのです。
子供が居ると旅行が出来ないわけでもペットを飼えないわけでもありませんが、その分の収入が必要になってしまうのは事実です。

しかも、子供が小さいと今までのようには働けなくなってしまいます。
産休、育休を取ると収入は減ってしまいますし、復帰してからも時短勤務になり子供が産まれる前と同じようには働けなくなってしまった人もいます。
特にキャリアを大切にしている人にとっては、子供が居ない方がメリットも大きいのではないでしょうか?

自由に時間が使える

金銭面でもそうですが、子供が居るとどうしても子供中心の生活になり自分の時間が取れなくなってしまいます。
ゆっくりお酒を飲みに行ったり、映画館で好きな映画を見たりすることもなかなか難しいのです。
子供のキッズドリンクがある居酒屋には行ったことはありますが、おしゃれなバーなどは子供連れではなかなか行きづらくて諦めてしまっています。
映画も夫婦2人では行けないのでどちらか片方ずつか、もしくは子供も見れる映画を家族で行く感じですね。

子供がもう少し大きくなればある程度は自由には出来ると思いますが、子供が小さいうちは24時間一緒なので休める時間すら殆どないくらいです。
もちろん子供との時間は楽しいですし、子供を含めた家族で過ごせる時間は子供が居ないと味わえないものでしょう。
しかし、自由な時間が増えるのであれば、子供が居ない生活も悪くないなぁと思います。

夫婦喧嘩の原因が減る

夫婦喧嘩の原因で多いのが「子育てについて」です。
子育ての理想や考え方が違うと、どうしてもぶつかってしまうものですよね。
私の知り合いでも、教育方針や習い事のことでよく喧嘩をしている夫婦がいました。
私の親も、私が幼い時に私の髪型のことで喧嘩しているのを見てすごく嫌な思いをしたのを覚えています。
そんな些細な出来事でも、子供のことで喧嘩になってしまうんですよね。

夫婦でも育ってきた環境や価値観が違うわけですから、子育てに関しても意見が一致するとは限らないのです。
その原因が減るのですから、子供が居ない方が喧嘩が減る可能性だってあるでしょう。

スポンサーリンク

結婚をしても子供を産まない場合のデメリット

メリットについてお話させて頂きましたが、もちろんデメリットだってあります。
次は子供を産まない場合のデメリットをご紹介します。
後になってやっぱり子供を産んでおけば良かったと後悔しないためにも、デメリットも知っておいた方がいいでしょう。

周りから色々言われる

やはり周りの目は気になりますよね?
友達や職場の人からなら、自分達が決めたことだからと言ってしまえば済む話かもしれません。
しかし、親や親戚の場合はそうもいかないこともあるでしょう。
説得してわかってくれればいいかもしれませんが、こればかりは価値観の問題もありますのでこの先ずっとわかりあえない場合もあります。

実家に帰る度に「子供は作らないの??」「孫の顔を見せて欲しい」と言われて嫌な気持ちになるかもしれません。
しかし、最初からそれを覚悟していれば、ストレスやプレッシャーにも耐えられるのではないでしょうか??

私は1人子供がいますが、2人目は産むつもりはありません。
子供が居たとしても、周りから「2人目は作らないの??」「1人だとかわいそうだよ」と言われることがあります。
人は自分の価値観と違うとつい口を挟みたくなるものなんですよね。

何が良い、何が悪いとかはないので、夫婦で決めたことに自信を持って下さい!!

離婚しやすくなる

子供が居ない方が離婚しやすくなるというのは、今後もしかしたらメリットになる人もいるかもしれませんが、基本的には離婚せずにいつまでも仲の良い夫婦でいたいものですよね?
子は鎹という言葉もあるように、子供が居ることで夫婦の仲が和やかになり縁が繋ぎ保たれることもあります。

離婚がよぎったとしても、子供が居るから、子供の為だからと踏み止まれるかもしれません。
子供が居なければ、離婚は夫婦2人だけの問題ですからね。
相手の嫌な所が見えた時、それだけでも離婚するには十分な理由になります。
離婚されやすくなるという点では、デメリットになると言えるでしょう。

私は1度離婚していますが、前の旦那と離婚に踏み切ることが出来たのは子供が居なかったからという理由が1番大きいです。
もしも私に子供が居たら、子供には良いお父さんだった場合は子供のことを考えるともしかしたら離婚をしなかったかもしれません。
無理してまで一緒に居る必要はありませんが、喧嘩の勢いでうっかり離婚なんてことにならないように気を付けないといけないですね。

老後が不安

よく耳にするのが、子供が居ないと老後が大変だという話です。
しかし、老後の保証にするために子供を産むのもおかしなことですし、予め介護施設に入れる準備をしておけば問題はないでしょう。
とはいえ、実際に年をとってから周りに孫たちとの楽しい話を聞かされ寂しい思いをするかもしれません。
夫婦が死別した場合は、最期は1人になってしまうことだってあるでしょう。
そうならないためにも、子供を作らないのであれば社会から孤立しないよう地域のコミュニティなどを大切にしたいですね。

 

このように、子供を産まない場合はメリットもありますが、デメリットだってあります。
ある程度の覚悟は必要になりますが、子供が居なくてもペットを飼って子供のように可愛がっている夫婦もいますし、子供だけが全てではありません
1番大事なのは2人の気持ちではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

結婚をしても子供を産まない場合のメリット
1.お金に余裕が出来る
2.自由に時間が使える
3.夫婦喧嘩の原因が減る
結婚をしても子供を産まない場合のデメリット
1.周りから色々言われる
2.離婚しやすくなる
3.老後が不安

結婚をしている夫婦であれば、1度は子供を産むか産まないか考える時があると思います。
子供を産まないのであれば、そのメリットデメリットを理解して覚悟をしておくことはとても大事です。
子供はいつでも産めるわけではありませんし、年を取ってからでは産むのにもリスクがあります。
子供を産まないと決めたけど後悔してしまったということがないように、2人でじっくりと話し合って答えを出してください。

そして、子供を産まないと決めたけど後悔している方も、子供を産まない場合のメリットを思い出してください。
子供が居なくても幸せになっている夫婦はたくさんいます。
2人で出来ることを見つけてくださいね。

どうか、皆様が幸せな人生を歩めますように…

タイトルとURLをコピーしました