ディッキーズ はとてもアメリカン USA

MAD IN U.S.A

ディッキーズの歴史ディッキーズ  アメリカンライフ

1922年に創設者である元陸軍大佐
でカーネルと呼ばれていたエメッ
ト·ユージン·ディッキーとチャ
ールズとネイサンのウイリアムソ
ン親子の名前をとって、ウイリア
ムソン·ディッキーズ製造会社が
発足しました。会社の前身はそれ
よりさらに4年前に、テキサスのブライアンに

U.S.オーバーオール·カン
パニーとして始まっております。

それをディッキーたちが買収したのです。

当初はアメリカ陸軍に

カーキ色のパンツとシャツの制服を納入していました。

入隊経験のある者なら、

ディッキーズの名前を聞けば
すぐにこの制服が思い浮かぶはず
です。

その後は、テキサス州やメキ
シコ湾岸沿いに抱える石油精製会社のオイルマンたちに向けてワー
クウエアを作り続けました。彼らが中東へ向かえば、ディッキーズもともに
テキサスを離れて世界へ販路を拡
げていったのです。

第二次大戦が終わる頃には、
作業服全般を製造する会社となっ
ていました。

全米に店舗網を持つウォ
チノパン

ルマートに行けば、 必ずディッキ
ーズのカーキ色のパンツとシャツ
が売られていました。

このパンツこそ
が、コットンパンツ、コッパン、

チノーズとか、チノパンツ、チノパン、

呼ばれるものでありました。

戦後は作業服としてばかりでなく、仕事を
離れた生活の場でも、日常の服として着られるようになりました。

現在でも作業服やツナギはもちろん、

オシャレでカッコいい、

カジュアルウェアブランドとして

ディッキーズのロゴを見ただけで

ひと目でディッキーズとわかるくらい有名なブランドに成長し続けています。

タイトルとURLをコピーしました