共存依存症予防!「彼離れ」するための3つの約束

女性が書いてるブログ

知らぬ間に自分もなっているかもしれない「恋愛依存症」

あまりにも、ひどい場合は心の病気になってしまうことも。

恋愛依存症のほかにも、似ているのが「共存依存症」。彼のお世話に夢中になってしまい、周りが見えなくなってしまうことです。

または、彼の人間関係も、気になって仕方がなくなってしまうこと。

今回は、恋愛依存症に定番な症状や特徴、恋人やパートナーがいる人は「彼離れ」するための大事なポイント3つを、最後にお伝えしていきます。

「共存依存症」ってなに?

チェーン, 鋼, 金属, 接続, 一緒, チェーンのリンク, 金属リング

自覚はしていなくても、「彼が一番大事」「彼の指示には従いたい」「彼が何をしているのかずっと気になる」など。

基本的に、頭の中は「彼」でいっぱいな状況…

ちなみに今回は女性に向けて書いていきますが、男性にも十分ありあえることになります。

また、あまりにも重症化してしまうと、自分で克服することは難しくなるので、なるべく「早期発見」を目指しましょう。

いっしょに特徴を見ていきましょう。

どんなことが合っても「自分よりも相手が優先」

女性, コーヒー, 電話, 肖像画, バー, 通り, 女の子

確かに、「なにがあっても守りたい」と思える人に出会うことって、本当に素敵なことですよね。

相思相愛。ちゃんと、お互いをお互いに愛し合っている状態です。

それに、自分よりも相手を損等することは、実はいけないことではありません。

ですが、共存依存症の特徴としては、何があっても相手が大事なのは変わらないが、「自分の家族に不幸があっても」パートナーを優先してしまったりすることです。

優先順位というものをつけられなくなってしまって、基本的に「パートナーが一番先」というような考えになってしまいます。

大事な仕事があっても、何があっても、彼のために尽くしてしまう。

簡単にひとこと言うとしたら、「自分を壊してまでも相手を好きになる」ということです。

「好きになる。愛する」というよりかは、本当に「依存している」という感覚に近いかもしれませんね。

相手がいなくなると「生活が困難」になる

悲しい, 意気消沈した, うつ病, 悲しみ, 若いです, 人, ストレス

重度の、共存依存症になってくると、相手の姿が見えなくなったり、電話やメールなどの連絡が遅くなったり、返ってこなかったりすると、食欲が増進してしまったり、逆に過食症になってしまったりします。

また、一番危険な状態は、「自殺と薬」

日本でもまだまだあるようですが、共存依存症として診断書をもらっている人は、かなり重度なため、好きな人やパートナーから連絡が途絶えただけで、嘔吐してしまったり、発作的な症状が出てしまうこともするそうです。

仕事をまともにできなくなったり、体調不良など、「日常生活」に支障がでてきます。

善悪の感覚も少しずつ狂う

森林, ハック, ブレード, 殺人者, 殺人事件, ホラー, 女性, 脚

友達との約束も、パートナーとの約束が途中で入ったら、いくら「途中」であってもそちらを優先したり。

友達に嘘をついてまでも、約束をドタキャンするようになったり。

または、そんな彼や、自分に対して、意見してくる人がいたならば、即座に平気で縁を切ってしまったりと。

とにかくい、「自分とパートナー中心」になってしまうのが、最大の特徴です。

「自分たちの仲を裂こうとするものは全員”敵”だ」

という思考回路になってしまうのです。

彼から自立したい!「共存依存症の克服のしかた」

女の子, 動揺, 悲しい, 意気消沈した, 流行に敏感な, 女性, 泣いている

そんな、共存依存症の特徴をたくさんあげてきましたが、ここで自分が「共存依存症なのかも?」と気づき、克服したい方。

ぜひ今回の、「克服方法」をご覧になってください。

病気と同じで、早期発見して克服する努力をすることで、これ以上の人間関係の悪化や、自分がどんどんエスカレートして、「欝」などの病気になってしまうことを防げます。

彼がいない時間を恐がらない

アート, 美術, 肖像画, 感情的です, うつ病, 抑うつ, のみ, アップル

共存依存症は、基本的には、「寂しい=パートナー」です。

寂しいからといって、誰でも良いわけではなく、そのパートナーでないと意味がありません。

よって、克服の仕方としては、「彼のいない時間を恐れない」ようにすること。

今までは、彼に「依存」していたので、姿が見えない、連絡が遅い。など。

彼からのアクションがないことに、不安を覚えていたのだと思いますが、今回からは、「一回、彼を忘れて」みてはどうでしょうか?

もちろん、一生思い出せないくらいに忘れなさい。とは言いません。

「忘れる」ということは、「自分の時間で、彼に代わるくらいの楽しみを見つけること」が大切になってきます。

重度ですと、趣味などでは克服することが難しいと思うので、依存しそうになったら、友達に聞いてもらったり、「顧問カウンセラー」をつけて、専属のカウンセラーさんをつけてみたり。

第三者が間に入ることで、直接指摘を受けることができて、我に返ったりすることがあるので、ぜひ「第三者の介入」も検討してみてください。

第三者が入らなくても、感情のコントロールができるようになってきたら、自分の時間を楽しめるようにしてみてください。

彼にも協力してもらう

女性, 男, 水, ペア, 一緒に, 情熱, 関係, 男性, 要約, 青色の水

この依存症を克服するには、パートナーの協力も必要になってきます。

気持ちだけでは、治すことは難しいので、まずは「環境を変える」といことをしてみてください。

小さな変化ではなくて、なるべく大胆な変化が好ましいです。

パートナーと相談して、同棲しているなら、別居してみる。逆に、別居しているなら、同居してみる。などの大きな変化を起こしてみてください。

「連絡は1日5回まで」などのルールをお互いに作ってみてもいいかもしれませんね。

また、ごく稀に、彼にも原因がある場合もあります。もともと、めんどくさがりやで、連絡が遅かったり、帰りもいつも遅かったり。

対策としては、帰りが遅くなるなら、前もって連絡をしたり、ちょっといつもよりも早めに連絡してもらえば、少しずつ、相手の不安も少なくなっていきます。

また、もともと浮気性だったり、女性と遊ぶことが多いと知っていると、依存症になりやすい場合もあるとも言われています。

もともとの彼の行動や性格が、相手を依存症というものにさせてしまっている。「信用」したいがために、依存してしまう。なんてことも多くあります。

彼女が「恋愛依存症」になってしまったら、どうか責めないで上げてください。

また、できるのであれば、それが原因で「別れる」なんて選択肢も避けて頂きたいところ。

ふたり、愛し合って惹かれたのであれば、協力をして、二人で解決に向かって歩き出せるといいですね。

まとめ

「恋愛依存症」も「共存依存症」もどちらにせよ、本人たちは、依存していながらも、かなり苦しい状態にあります。

感情のコントロールができなくなり、周囲との関係性も壊れていく。

克服することは、簡単ではないかもしれませんが、自分を信じていればいつかきっと克服できます。

また、信頼できるパートナーがいるなら、しっかりと話し合ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました