大人だからこそ要注意!職場の人間関係を円滑にする方法とは?

女性が書いてるブログ

若い頃はノリで築いていけた人間関係。
しかし、大人になると「ノリ」だけでは収集が付かないのも人間関係・・・

今回は、一番難しい立場・年齢にも差し掛かる「20代後半~」の大人たちに向けて「職場の人間関係をスマートに円滑にする方法」をご紹介します。

「こういうとき、どうしたらいいの?」
「なんでうまく伝わらない?」

そんな時に是非試してみてくださいね!

人間関係を円滑にかわす方法

職場には色んな性格の人がいますよね。
年齢や性別だってもちろんバラバラ。

そんな独特な空間で仕事をしなければならないからこそ、「人のことを考える」ということは非常に大事なこと。

ここでは、「色々なマインドの持ち方」をご紹介します。

「人と比べたがり」とは関わらないのが吉

事の大きさは、大なり小なり。
「他人と比べたがる人」は絶対に一人は存在します。

女子で言うと「マウント女子」ですね。

「自分のほうが優れていると気づいて欲しい」
「ここにいる誰よりも優秀だと思っている」

そう思っている人は絶対にいるんです。

でもここは「取り合わない」が正解。
聞き上手な人は、ここで永遠と話を聞いてあげるような人がいますが、そうなると「この人、話聞いてくれるんだ」と分かって、ずっとあなたにくっついてきます。

そもそも、人と比べるなんて信じられないし、ナンセンス。
このように承認欲求が強い人ほど、人間関係をぶち壊しにかかってきますから、取り合わないようにしましょう。

マウントを取る人は基本的に「無視!」

イマドキ「ゴマすり」人間は見苦しい!

「あれ、あの人、上の人にすごい媚売ってるなあ」
「なんかあの人、上司にゴマすってるなあ」

そう感じる人っていますよね。

本人は、上司に気に入られたくてやっているのかもしれませんが、他人から見たらかなり「痛い」です。

そしてその姿を見て、周りはどんどん離れていきますので、絶対に同調しないでくださいね。

ゴマをすってもあなたの価値を下げるだけです!

見苦しいゴマすりは危険!

あなたは大丈夫?後輩に対する態度

上記のように、立場が自分よりも上の人にはぺこぺこと頭を下げ、機嫌を取り、「誰よりも上にのし上がってやろう」という人間は、本当に嫌われるという話をしました。

部下や後輩には、えげつないほど態度が酷い人がいます。

実はこういう人に限ってとっても臆病者!!
そして、おそらく「好かれる」というタイプではないでしょう。

自分が助けて欲しいときに誰も助けてくれないでしょう。
どうしても仕事で関わらないといけない人であれば、「反面教師」だと思って接してくださいね。

器が小さい人ほど「態度はデカい!」

いつまで経っても「敬語」が抜けない人

これはちょいちょい周りにいるかもしれませんね。

何年も一緒に仕事をしているのに、「ずーっと敬語」の人。
別にこれは、嫌われるとかではないんですが、基本的にこうして「心を開かない」人には、「この人と仲良くなりたい!」って人は現れないでしょう。

敬語を使って会話をしているので、「態度が悪い」とか「性格が嫌い」とかっていうのはないかもしれないんですが、「場の空気を壊す」ことが多いんです。

同じく同僚が仲良く固まっておしゃべりをしていると、自分も仲間に加わってみたものの、「ずっと敬語で応対する」という感じだと、周囲の雰囲気も堅くなりますし、話もしづらいですよね。

結果的に「あの人って空気読めないよね」というレッテルを貼られるんです。

慣れてきたら敬語はほどほどに・空気を読もう

「距離感」が分からない人

先輩や後輩で、「ちょっと話を聞いてあげただけで、仲良しだと勘違いされている」ということ、ありませんか?

人との距離感が分からない人は、突然タメ口になったり、なぜか急にストレートに冗談にもならないことを言ってきたりと「距離感」を勘違いする人がいます。

こちらは、交辞令で話を聞いているだけなのに、それを「仲良くなれたからなんでも言い合える仲」だと思い込む人。

かなり危険です。

相手が聞き上手で分からないかもしれませんが、「言っていいこと」と「相手が傷つくこと」があるので、頭の中で整理してから発言したほうがいいです。

自分の物差しで人と会話しないこと!

まとめ

人間関係は何歳になっても悩む課題でもあるかもしれません。

でも完全に言い切れるのは。

「全てをさらけ出しすぎてもNG」
「壁を作って嫌われないようにするのもNG」なんです。

難しく聞こえるかもしれませんが、どちらにせよ、相手はいま何を考えているんだろう。

これを言ったら、相手はどんな気持ちになるんだろう。
と、ちょっと考えるだけでも「人たらし」になれますよ♪

タイトルとURLをコピーしました