恋人との脱「マンネリ」を避ける方法

女性が書いてるブログ

「喧嘩はしてないけれど別れた」「嫌いなところは特になけれど好きではなくなった」

このようなこと、よく聞きませんか?

長期間付き合っていたり、結婚生活をしていると、少なからず誰しもが体験する「マンネリ」問題。

今の時期「コロナ離婚」と名前が付くほど、離婚や別れの話題が多いですが、どうしたら「マンネリ」問題は起こるのか。

いつまでもラブラブでいられる方法など、詳しく解説していきます。

そもそも「マンネリ」って何?

「マンネリ」という言葉は、「マンネリズム」の略称です。

思考や行動がワンパターンになり、毎日同じことを繰り返していて飽きてしまう。という意味があります。

別名で、「倦怠期」や「マンネリ化」などとも言われており、新鮮味がなくなっていくことが、主な原因とされています。

だいたい、付き合って2年目や3年目などに多いようですね。

「マンネリ化」しやすい特徴ってあるの?

マンネリ化は、病気でもなんでもなく、気持ちの問題です。

ただし、「マンネリ化」になりやすいカップルの特徴として、共通する点はいくつかあるのでご紹介します!

1、めんどくさがり
ガベージ, ゴミ箱, くず, リサイクル, 欲求不満, 創作ブロック
男女共に、「めんどくさがり」の癖があると、どうしても行動も考えもワンパターンになり、マンネリ化しやすいです。
新しいことにチャレンジする気持ちも、お互いが持っていないと、打破できません。
また、両方ともめんどくさがりではなく、片方がめんどくさがりなパターンはもっと難しいかもしれません。
無理にデートなどに連れ出したり、相手に無理に合わせさせようとすることはもっと破局への道を進むことになります。
「マンネリ」ではなくて一緒にいることが「ストレス」に変わってしまうので、しっかりとした話し合いが必要です。
2、同棲している
家, プール, インテリア デザイン, アーキテクチャ, 3 D, デザイン
恋人がいない人から見たら、一番羨ましい状態ですが、これもマンネリしやすい特徴です。
最初は、好きな人と住むことに新鮮さを感じますが、だんだん飽きてくることがほとんど。
また、「飽きる」というよりかは、「慣れてくる」という言葉のほうがしっくりきてしまうかもしれません。
お互いに「素」の状態を見せれるところはいい所ですが、「見せすぎて刺激がない」ということにもなります。
3、共通の趣味がない
編み物, 手仕事, 趣味, 手作り, ウール, 色, ニット, 糸, 繊維
よく、「好きなタイプはどんな人?」と聞かれると、大体の人が「趣味や話が合う人」と答えますが、正解です。
これは、みなさん想像がつきやすいかもしれませんが、やっぱり、「共通の話題」があるのとないのとでは、だいぶ変わってきます。
相手の趣味に対して、寄り添って興味を持っていければ話は別ですが、「相手の趣味にも興味がない」となると、マンネリ化しやすいかもしれませんね。

「マンネリ化」しないためにはどうしたらいい?

マンネリに対する原因を何点がご紹介しましたが、「絶対にマンネリは避けられない!」なんてこともありません。

しっかりと「二人で協力して対策」をしていけば、絶対にいつまでもラブラブでいられます。

何個か解決策や予防策をご紹介しますね。

1、小さいことでも「感謝」を忘れないで
付き合いたては、何かしてもらったら感謝して、何か間違えたことをしたら誤って・・・。
当たり前のことをできていたのに、何年か経った今では、確かに「感謝」を忘れているかも・・・。
そんな方、いませんか?
「壮大なサプライズを毎日しろ」なんてことではないので、小さな感謝はいつでも伝えることができますよね。
マンネリの原因である「あたりまえ」の概念を消すことで、いつまでも新鮮なままでいられるはずですよ。
3、適度な距離感がすごく大事
ラブラブ=いつも一緒
という先入観は一旦置いておきましょう。
適度な距離を置くことで、「いつも一緒」の飽きや慣れを改善できます。
離れることで、不安になる場面もあるかと思いますが、それも恋愛。
お互いを信じていれば全く問題ありません。
また、適度に距離を置いている間は、自分の好きなことや趣味に没頭して、「一旦恋人の存在を忘れる」ことも大事です。

もし「マンネリ化」してしまったら・・・

バナー, 質問マーク, 質問, 記号, シンボル, 感嘆符, 疑問のあります。

上記では、「予防」についてお話しましたが、万が一「マンネリ化」してしまったら、もう後戻りはできないのか・・・?

そう思ってしまいますよね。

マンネリ化しているときって、きっとお互いに対して「好きでも嫌いでもない」みたいな、「一番危ない」感情になっている時期なので、最悪な場合「お別れ」を選ぶ人も多いかと思います。

一旦、別れてみたら、相手の大切さを知った。

という人もいますが、本来ならば別れたくはないはず。

そうならないためにも、「マンネリしてきたかな・・・?」と思ったら、まずは、「見た目」を変えてみましょう。

最初は、デートのたびに、気合を入れてメイクをしたりファッションに気を遣ったりしていたはずです。

だんだん、心にゆるみやたるみがでてきているのでは?

これはきっと男性も同じです。

同じ着まわしを循環で着ていくのではなくて、ちょっと系統変えてみたり、髪形を変えてみたりと、それは「大きな変化」がなくても、「ちょっと変える」だけでも違うのです。

まとめ

カップル, 所蔵の手, 愛, ビーチ, 屋外, 徒歩, にこやか, 関係, ペア

最近付き合ったばかりの、ほやほやカップルでも、「マンネリ化」はいつかぶち当たる壁になります。

難しいことは考えずに、毎日できることから、「マンネリ予防」をしていきましょう。

今は「めんどくさい」と思っていても、将来の自分たちにとって、とっても役に立つかと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました