アメリカのお菓子 ジェリーベリービーンズ 米国元大統領も御用達

MAD IN U.S.A

ジェリービーンズ Jelly Bellyについて。

アメリカを代表するキャンディーの一つにジェリーベリー・ビーンズがあげられます。

ジェリーベリー・ビーンズは色や形や味や香りなど、MADE IN USA 好きにはたまらない、とてもアメリカンなお菓子ですね。

見てるだけでも可愛らしく気分を和ませてくれる1個1.1 グラムほどの極小粒キャンディの中にはフルーツやジュースの味が濃縮されています。

食べ始めると、あまりの美味しさについつい止まらなくなってしまう方も必ずいらっしゃいます。
これはまさしくアメリカのお菓子の王様だからですね。

とはいえ気になるのがカロリーです。

ジェリーベリー・ビーンズの1個のカロリーは?

ビーンズ1個につき4カロリーです。

1回分ビーンズを食べるのを25個とすると約100カロリーで、脂肪分はゼロです。

なのでジェリーベリー・ビーンズは、カロリー控えめなのに食べ応えのあるフレーバーなのです。

そして基本的に植物性でカロリー控えめでレシチンやリンゴ酸やタピオカデキストリンなどを配合していますので、つい食べ過ぎても、それほど心配はいりません。がしかし、何でも過度な食べ過ぎは体によくないので、そこは自己判断自己責任においてお願いいたします。

程々に楽しく食べましょう。

ジェリービーンズの中でも、
特にフレーバーリングに
こだわりぬいたこのジェリーベリーは現在、1日に約2500万個も製造されている大ヒット商品です!

でも、お菓子とはいってもそして大人のファンが多いのもジェリービーンズがアメリカを代表するお菓子である証拠なのです。
独特の香りと甘さ、
そして鮮やかな色など
アメリカのお菓子は見ているだけでじゅうぶん楽しく、
そのなかでもジェリービーンズと言う名のゼリー状の豆の形をした
小粒のキャンディーは
子供達の大好物です。

味付けにフルーツや
ココナッツベリー類などの
天然の食材を用いる
ジェリーベリーはグルメ志向の呼び声も高く、
かの ロナルドレーガン元大統領の
大好物だったことは有名なお話で
ホワイトハウスで会議が行われる
時などにはテーブルの上に
ジェリービーンズの入った器が置かれていたと言う逸話もあるほど国をあげての大人気なのです。
そもそもの始まりは1976年に
起業家のデビットクラインが
カリフォルニア州フェアフィールドにあるハーマンゴーリッツ社に、
自分のショップで販売する為の新種のジェリービーンズを作ってもらえないかと申し出たことでした。
それに答えてキャンディー作りの職人たちが苦心の末作り出したのが
8種類のグルメジェリービーンズの
レシピ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ依頼フレーバーの数は増え続け現在その数は40種類以上に達しています。
そして 変わった味のジェリービーンズとしては
バターポップコーンやストロベリーチーズケーキ味、
それにマルガリータの味がするものまであります。

家族や友人などと味について語り合えるのもジェリービーンズならではのことですね。
またジェリービーンズの楽しい食べ方として
味別に混ぜて1度に口に入れて噛むと別の意外な味がして楽しむことが出来ます。
例えば、レモン味2個と
ココナッツ味2個一緒に食べると
レモンメレンゲパイの味になるなどミックスして食べると
とても楽しめます。

是非とも色々混ぜて食べてどのように変化してどんな味がするか試してください。

タイトルとURLをコピーしました