アルファード ブレーキパッド交換 わかりやすい写真解説

自動車解説

アルファードのフロントディスクブレーキパッドの交換を写真を見ながら解説していきます。

用意するもの

新品のブレーキパッド

14mmのメガネレンチかボックスレンチ

もしあれば

ブレーキパッドグリス

ブレーキキャリパーツール

マイナスドライバー

ラジオペンチ

まず最初にブレーキキャリパーを止めてる下のボルトを外します。

こんな感じです

上のボルトは外す必要ありませんので、そのまま上に持ち上げます。

スライドピンごと横にずらして抜きます。

こうに抜けます。

古いブレーキキャリパーを外します。

うひょー!新品と比べて、こんなに摩耗してて、下の鉄の台が出てしまうギリギリでかなり危険でした。

古いブレーキパッドからパッドプレートを外し、新しいブレーキパッドにパッドグリスを塗って取り付けます。

インジケーター

摩擦限界をキーキー音で知らせるインジケーターも付け替えます。

新しいブレーキパッドを取り付けます。

外した逆の順序で、ブレーキキャリパーごとスライドピンを挿入します。

キャリパーツールを使ってブレーキキャリパーのピストンを押し込みます。

キャリパーツールがない場合は大き目のマイナスドライバーのようなものでテコを利用して

こじって押し込んでください。

この作業の時は必ずリザーバータンクのブレーキフルード量を見ながら作業してください。

必ずピストンの体積分があふれるので事前に抜いておくか、

もしこぼれたら、リザーバータンクのふたは外さずに、すぐに水で流してください。

ブレーキキャリパーを元に戻してボルトをしっかり締めて、こちらの作業は完了ですが、

最後に重要な事がありますので必ず実行してください。

※超重要です!

ブレーキパッドを組み終わった後は必ずブレーキペダルを硬くなるまで数回踏んでください。

最後にリザーバータンクにてブレーキフルードの量を調整してください。

整備方法や部品交換の方法は個人により異なる場合がありますのでご了承ください。

自動車の整備は危険を伴います十分に注意して自己責任にてお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました